ウィークリーレポート(2020年10月2日)


10月第1週の株式市場は、NYダウは+ 1.87%と1か月ぶりに反発、一方、日経平均は ▲0.57%と3週続落となりました。米国での追加経済対策をめぐり、民主党/共和党の対立で右往左往している印象ですが、そうじて値動きは小幅なものにとどまっています。
10/1には東証でシステムトラブルも発生しましたが、翌10/2金曜日は平常通りの取引となり、市場への影響は少なかったと思われます。
マーケットデータを見ると、VIX先物の期間構造は、今年の3月ごろから大統領選をまたぐ11月限オプションがSQ算出対象である10月限がピークを作っていましたが、足元では11月限(12月限オプションがSQ算出対象)へとピークが移動しており、選挙後の混乱を意識しているように見えます。
CFTCのレポートによる投機筋建玉では、 NASDAQ100先物の投機筋ポジションが2006年以来のネットショートに膨らんでおり、SQ通過後も78069枚の売り越しとなっています。
また、米国10年債は6月以降、2017年以来のネットロングの状態が続いており、債券買い/株先売りという先行きに悲観的なポジションが蓄積されている状態です。
その他、米国30年債先物、ドルインデックス先物もショートに偏っていますが、こちらは新型コロナ対策での国債増発/通貨安を見込んだものだと思われます。
システムトラブルやトランプ大統領の新型コロナウィルス感染など、不測の事態が起こってはいるものの、これらのポジションの解消を考えると、大幅に相場が崩れるのは難しく、ボラティリティの吹き値売り、株価の押し目買いがうまくいきそうです。

 


 本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社
金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です