JGBトレーディングフロア(2022年4月27日)


債券市場で長期金利は横ばい。前日の米長期金利が米国や中国の景気の先行きに対する警戒感から低下した流れを受けて国内債も買い先行で始まったが、米長期金利が時間外取引で反転上昇基調となると上げ幅を縮めた。
日銀金融政策決定会合の結果発表を翌日に控える中、前日の指値オペ延長の通知で、先物などに一部買い戻しの動きも見られたが長くは続かず、10年金利も0.240%で横ばい。

【メモ】
☆2年債入札(436回,CPN 0.005%)落札結果
最低落札価格100円11銭0厘(-0.050%)、平均落札価格100円11銭8厘(-0.054%)、応札倍率4.34倍(前回5.43倍)。(事前予想価格100円11銭0厘)
☆5-10年(10年364~366回)指値オペ落札額0億円。


 本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社
金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

JGBトレーディングフロア(2022年4月26日)


債券相場は上昇。前日の米長期金利の低下の流れを受けて買いが先行したが、27-28日での日銀会合を前に政策変更の思惑などが燻る中、この日の定例の日銀オペでのオファー額が据え置かれたことや応札倍率の高まりなどから午後は下げる場面も見られた。
その後、午後4時に日銀が連続指し値オペを28日まで延長すると発表したことを受けて、長期金利は横ばいから小幅低下に転じ、先物も夜間取引で引け値を上回る動きとなった。

【メモ】
☆本日の日銀買入オペは、3-5年4750億円、5-10年5000億円、25年超500億円、物価連動債600億円(事前通告通り)。応札倍率はそれぞれ1.80、2.71、5.20、4.63倍。
☆5-10年(10年364~366回)指値オペ落札額9215億円。


 本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社
金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

JGBトレーディングフロア(2022年4月25日)


債券相場は超長期債を中心に上昇。米長期金利がこの日の時間外取引で低下したことに加え、国内株の大幅下落、また日銀の連続指し値オペ実施が相場を支えた。先週末のコロンビア大学の黒田総裁講演ではこれまでのスタンスに変化なく、次回会合でのYCCの修正観測もやや後退したとの見方もあり、先物などに買戻しが入ったようだ。一方、10年債は、指値オペによる金利の膠着で5~10年イールドカーブのフラットニングから割高化しており、買いの動きは限定的だった。

【メモ】
☆5-10年(10年364~366回)指値オペ落札額7275億円。


 本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社
金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

JGBトレーディングフロア(2022年4月22日)


債券相場は超長期債を中心に下落。FRB議長などのタカ派的な発言を受けて、米長期金利が時間外取引でも上昇基調が続き、国内債にも売り圧力が掛かった。超長期債が売られる一方で10年債金利は日銀の連続指し値オペによる金利抑制措置によって0.25%以下にとどまり、10年-20年債のスプレッドは再び拡大の様相。またこの日は為替の日米協調介入議論の報道で先物が一時買い戻される場面もあったが、全体への影響は限定的だった。

【メモ】
☆5-10年(10年364~366回)指値オペ落札額4277億円。

【来週のスケジュール】
4/25
<国内予定>
日銀CP買い入れオペ / 景気先行指数(2月) / 全国百貨店売上高(3月) / 東京地区百貨店売上高(3月)
<国内決算>
JSR(4185) / 中外薬(4519)
<海外予定>
【米国】*****
【欧州】独IFO企業景況感指数(4月)
【その他】朝鮮,朝鮮人民革命軍創建日
<海外決算>
コカ・コーラ

4/26
<国内予定>
日銀,国債買い入れオペ,(3-5,5-10, 25年超) / 失業率(3月)
<国内決算>
日本取引所(8697) / 野村HD(8604) / ファナック(6954) / キヤノン(7751) / JR東海(9022) / 大ガス(9532) / オムロン(6645) / 日東電工 (6988)
<海外予定>
【米国】米耐久財受注(3月) / 米主要20都市住宅価格指数(2月) / FHFA住宅価格指数(2月) / 消費者信頼感指数(4月) / 新築住宅販売件数(3月)
【欧州】*****
【その他】韓国GDP(1Q)
<海外決算>
HSBCホールディングス / UPS / ノバルティス / UBSグループ / 3Mペプシコ / マイクロソフト / アルファベット

4/27
<国内予定>
2年利付国債入札
<国内決算>
アステラ薬(4503) / 積水化学工業(4204) / 第一三共(4568) / 東ガス(9531) / 日立建機 6305) / NRI(4307) / 大和証G(8601) / アドテスト(6857) / サイバーA(4751) / JR東日本(9020 )/ キーエンス(6861) / オリランド(4661) / 関西電(9503) / ZOZO(3092)
<海外予定>
【米国】米卸売在庫(3月) / 中古住宅販売成約指数(3月)
【欧州】ドイツ15年債入札
【その他】中国工業利益(3月) / 豪CPI(1Q)
<海外決算>
クレディ・スイス・グループ / ドイツ銀行 / ボーイング / メルセデス・ベンツグループ / Tモバイル / クアルコム

4/28
<国内予定>
日銀金融政策決定会合,(展望リポート,黒田総裁会見) / 日銀国債買い入れ日程(5月) / 鉱工業生産(3月) / 小売売上高(3月) / 百貨店・スーパー売上高(3月) / 住宅着工戸数(3月)
<国内決算>
デンソー(6902) / 商船三井(9104) / JT(2914) / 村田製(6981) / LIXIL(5938) / コマツ(6301) / JR西日本(9021) / ANAHD(9202) / 京セラ(6971) / 豊田通商(8015) / レーザーテック(6920) / 日立(6501) / ZHLD(4689)
<海外予定>
【米国】米GDP(1Q)
【欧州】ECB経済報告 / ユーロ圏景況感指数(4月) / ユーロ圏消費者信頼感指数(4月) / 独CPI(4月)
【その他】*****
<海外決算>
キャタピラー / バークレイズ / ツイッター / マクドナルド / サムスン電子 / アップル / インテル / アマゾン

<国内予定>
祝日(昭和の日)
<国内決算>
*****
<海外予定>
【米国】米雇用コスト指数(1Q) / 個人支出(3月) / ミシガン大学消費者マインド指(4月)
【欧州】ユーロ圏マネーサプライ(3月) / ユーロ圏CPI(4月) / ユーロ圏GDP(1Q) / 独GDP(1Q)
【その他】ロシア中銀,政策金利発表 / 中国財新製造業PMI指数(4月)
<海外決算>
シェブロン / エクソンモービル


 本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社
金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

JGBトレーディングフロア(2022年4月21日)


債券相場は超長期債中心に下落しイールドカーブはスティープ化。前日の米長期金利が大幅上昇を受けて売りが先行、その後、日銀はこの日の通常オペに加えて先月末以来の10年金利0.25%の指値オペを実施したが、売り圧力は根強く長期金利は同水準で高止まりとなった。

【メモ】
☆本日の日銀買入オペは、1-3年4750億円、3-5年4750億円、5-10年4750億円、10-25年1250億円(事前通告通り)。応札倍率はそれぞれ2.65、2.32、2.40、3.00倍。
☆5-10年(10年364~366回)指値オペ落札額2251億円。


 本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社
金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会