JGBトレーディングフロア(2018年9月28日)


(17:30)
債券市場は、この日の夕方発表される10月の国債買入れの運営方針で減額を警戒、為替のドル高進行と国内株高が、売り圧力をさらに強めた格好。

【メモ】
☆2年債(393回債、CPN0.1%)入札結果
最低落札価格100円420銭(-0.109%)、平均落札価格100円425銭(-0.112%)、応札倍率4.37倍(前回5.26倍)。(事前予想中央値100円42銭)
☆日本銀行10月の国債買い入れ予定で25年超の金額レンジを引き下げ(500~1500憶円→100~1000憶円)

【来週の予定】

10/1 日銀短観(7-9月)
【米】ISM製造業景況指数 / 各地区連銀総裁講演(アトランタ,ミネアポリス,ボストン)
【中】休場(5日まで)
10/2 10年債入札 / 内閣改造,自民党役員人事
【米】パウエルFRB議長講演
10/3 日銀買いオペ(1-5年,5-10年)
【米】パウエルFRB議長講演 / 各地区連銀総裁講演(シカゴ,リッチモンド)
10/4 流動性供給入札(15.5~39年)/ ラガルド専務理事会見(都内)
10/5 日銀買いオペ(10年超) / 8月家計調査
【米】雇用統計 /【欧】ノーベル平和賞受賞者発表


 本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社 
金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

マザーズ市場の騰落レシオ(2018年9月28日)


マザーズ市場騰落レシオ
9月28日のマザーズ指数は前日比+10.25ポイント、+0.96%の1077.55ポイントで取引を終えました。
9月28日時点の騰落レシオ(25日)は前日比-2.73の114.66ポイント(75日)は前日比かわらずの87.22ポイントとなりました。上昇銘柄数は161、下落銘柄数は89でした。

本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言を行うものでもありません。本資料は信頼できると判断した情報源から入手した情報・データをもとに作成しておりますが、これらの情報・データなどまた本資料の内容の正確性、適時性、完全性などを保証するものではありません。情報が不完全な場合又は要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデータ・統計などのうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり、予告なしに変更されます。運用方針・資産配分などは、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社 金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

 

JGBトレーディングフロア(2018年9月27日)


(17:30)
買いオペで、超長期債買入れ額の減額は見送られ、買い圧力高まった。前日の米債券相場もFOMC後は堅調な動きとなり、アジア時間でもその流れが続く中、午後の取引時間中にイタリアの予算案の閣議決定が見送られるとの報道でユーロが売られる場面では、欧米金利の低下を見越した買いが先物にも入ったようだった。

【メモ】
☆本日の日銀買入オペは1-3年3000億円/3-5年3500億円/10-25年1800億円/25年超 500億/(金額据置き)。応札倍率は、2.71倍/2.41倍/2.67倍/3.41倍。
☆FOMCは今年3度目の利上げへ。FF金利誘導目標0.25ポイント引上げ、2.00%-2.25%のレンジに設定。


 本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社 
金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

JGBトレーディングフロア(2018年9月26日)


(17:30)
明日27日の日銀買いオペでの超長期ゾーンの再減額を警戒する動きは続いたが、40年債入札自体は、無難に通過した。先物は、前日に150円から下を売る動きが限られたため、午後から買戻し的な動きとなった。15:30からの時間外取引では、一時150円19銭を付けた。

☆40年債(11回債リオープン、CPN0.8%)入札結果
最高利回り1.025%、応札倍率3.24倍(前回3.30倍)、発行価格92円71銭。(事前予想: 利回り中央値1.030%)。


 本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社 
金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

JGBトレーディングフロア(2018年9月25日)


(17:30)
超長期債を中心に続落した。先週末の25年超の買いオペ減額が明日の40年債入札とその翌日の超長期ゾーンの買いオペに対する警戒感を強めた格好。25日、26日の米FOMCを控え、米国10年債利回りもアジア時間で引続き上昇傾向続いたことも上値を重くした。また、この日は黒田総裁の会見(大阪市)が行われたが、特に目新しい内容、発言はなく市場への影響は限定的だった。

☆本日の日銀買入オペは5-10年4500億円 /物価連動債250億/(金額据置き)。応札倍率は、1.96倍/5.89倍。
☆黒田総裁挨拶「最近の金融経済情勢と金融政策運営」http://www.boj.or.jp/announcements/press/koen_2018/data/ko180925a1.pdf


 本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社 
金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会