JGBトレーディングフロア(2020年9月17日)


債券市場では長期金利(新発10年債利回り)が約1カ月ぶりの水準(0.01%)に低下した。9月末に向けて国債大量償還などの待機資金がプラス利回りの20年債や30年債などに向かったようだ。為替の円高進行や日銀の金融政策の据え置きで現行の低金利政策が維持されたことも心理的な下支えとなった。

【メモ】
☆黒田総裁会見要旨(Bloomberg引用)
・引き続き現在の金融政策で経済支えるー菅政権との連携で
・インフレ目標は2%が天井ではない、FRBと同様の考え
・足元の物価動いていなくても、他の要素変われば金融政策を発動
・為替レートは安定的に推移するのが望ましい。今後も注視
・株価収益率などの指標で見ても異常な株高にはなっていない


 本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社
金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

JGBトレーディングフロア(2020年9月16日)


債券市場では中期債が買われる一方、超長期債は小幅安。昨日の流動性供給入札やこの日の短国1年物の好調な入札結果が好需給を示し、中期債の買い圧力を強めた。ただ今晩以降の日米で発表される金融政策を見極めたいとの姿勢から積極的な取引は手控えられ、超長期ゾーンは利益確定の動きにつながった。

【メモ】
☆本日の日銀買入オペは、1-3年4200憶円、3-5年3500憶円、5-10年4200憶円(金額据え置き)。応札倍率は3.77倍、2.73倍、2.11倍。


 本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社
金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

JGBトレーディングフロア(2020年9月15日)


債券市場では総じて横ばい。米金利が上昇したことと、目先の需給改善期待による利回り低下が進んだことでこの日は巻き戻しの売りがやや優勢となり上値をおさえた。一方、この日に実施された流動性供給入札は順調な結果となり、先物相場が午後から強含み、小幅上昇して取引を終えた。ただ日米金融政策イベントを控えて、売買は限られた。

【メモ】
☆流動性供給入札(317回 残存期間5年超15.5年以下)
最大利回り格差+0.002%、平均利回り格差+0.000% 応札倍率4.19倍(前回3.34倍)


 本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社
金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

JGBトレーディングフロア(2020年9月14日)


債券市場は全般小動きの中、先物相場が上昇。今週は定例入札がないことによる目先の需給改善観測が見られる中で底堅く推移した上、先物9月限の最終売買日でロールに係る限月間の需給なども影響したようだった。

【メモ】
☆本日の日銀買入オペは、10-25年1200憶円、物価連動債300憶円(金額据え置き)。応札倍率は3.46倍、5.96倍。

 


 本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社
金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

JGBトレーディングフロア(2020年9月11日)


債券市場は超長期債中心に上昇した。前日に20年債入札を無難に通過し、国債入札が一巡する中、今月は国債の大量償還月で、目先の需給改善観測が高まり、買いが優勢だった。
また来週には、新首相誕生、FOMC、日銀会合が控えるが、国内外ともに緩和的金融政策の継続が見込まれ、債券を売る材料に乏しい状況のよう。
ただ、積極的な売買は控えられ、この日は、その後は高値圏でのもみ合いに終始した。先物は12月物の売買高が9月物を上回り、月曜日の最終日を前に限月交代となった。

【メモ】
☆本日の日銀買入オペは、1-3年4200憶円、3-5年3500憶円、5-10年4200憶円(金額据え置き)。応札倍率は1.65倍、2.63倍、2.63倍。

【来週のスケジュール】
9/14
<国内予定>
自民党総裁選 投開票 / 日銀買いオペ(10-25年) / 鉱工業生産(7月) / 第3次産業活動指数(7月)
<海外予定>
【米国】特になし
【欧州】EU中国首脳ビデオ会議 / OPEC月報 / ユーロ圏鉱工業生産(7月)
【その他】中国新築住宅価格(8月)

9/15
<国内予定>
流動性供給入札(残存期間5年超15.5年以下) / 日銀CP買いオペ / ブルームバーク日本経済調査 (9月)
<海外予定>
【米国】米FOMC(16日まで) / 第75回国連総会(ニューヨーク,30日まで) / 輸入物価指数(8月) / 鉱工業生産(8月)
【欧州】独ZEW期待指数(9月) / 英ILO失業率(5-7月) / 国際エネルギー機関(IEA)月報
【その他】中国工業生産、小売売上高、都市部固定資産投資(8月)

9/16
<国内予定>
臨時国会召集 首相指名選挙 / 日銀買いオペ(1-10年) / 国庫短期証券(1年)入札 / 貿易収支 (8月)
<海外予定>
【米国】FOMC声明発表, パウエル議長会見 / OECD経済見通しの中間報告 / 小売売上高(8月) / 企業在庫(7月) / NAHB住宅市場指数(9月)
【欧州】欧州委員長、施政方針演説 /英CPI(8月)

9/17
<国内予定>
日銀金融政策決定会合 / 黒田総裁会見
<海外予定>
【米国】米住宅着工件数(8月)
【欧州】英中銀,政策金利発表 / 欧州新車販売台数(8月) / ユーロ圏CPI (8月)
【その他】アジア開発銀行年次総会(バーチャル形式) / 豪雇用統計(8月)

9/18
<国内予定>
国庫短期証券(3カ月)入札 / 流動性供給入札(残存期間1年超5年以下)
全国CPI(8月) / 資金循環統計(4-6月期速報) / 訪日外客数(8月)
<海外予定>
【米国】経常収支(2Q)/ セントルイス連銀総裁がバーチャル形式の討論会に参加 / 景気先行指標総合指数(8月) / ミシガン大学消費者マインド指数(9月)
【欧州】特になし

 


 本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社
金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会