マザーズ市場の騰落レシオ(2018年8月17日)


マザーズ市場騰落レシオ
8月17日のマザーズ指数は前日比+16.32ポイント、+1.73%の958.8ポイントで取引を終えました。
8月17日時点の騰落レシオ(25日)は前日比+1.24の76.76ポイント(75日)は前日比+1.34の82.22ポイントとなりました。上昇銘柄数は177、下落銘柄数は76でした。

本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言を行うものでもありません。本資料は信頼できると判断した情報源から入手した情報・データをもとに作成しておりますが、これらの情報・データなどまた本資料の内容の正確性、適時性、完全性などを保証するものではありません。情報が不完全な場合又は要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデータ・統計などのうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり、予告なしに変更されます。運用方針・資産配分などは、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社 金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

JGBトレーディングフロア(2018年8月16日)


(17:30)
中国商務次官の訪米予定が伝わり、貿易協議の進展期待からリスク回避の巻戻しで債券は売りに押された。
5年債入札は無難な結果となった。

【メモ】
☆5年債(136回債リオープン、CPN0.1%)入札結果
最低落札価格100円85銭(-0.074%)、平均落札価格100円86銭(-0.076%)、応札倍率3.95倍(前回4.87倍)。(事前予想中央値100円85銭)
☆8月第2週の海外投資家の先物売買動向は1097億円の買越し。買い越しとなったのは4週ぶり(7/23~8/3、3週間で5.6兆円売越し)


 本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社 
金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

JGBトレーディングフロア(2018年8月15日)


(17:30)
中国株の下落もあり、国内株が下げ基調となる中、昼の日銀オペで5-10年の応札倍率が下がったことでセンチメントが買い方向に傾き、先物中心に買い圧力強まった。

【メモ】
☆本日の日銀買入オペは5-10年4000億円/10-25年1800億、25年超600億(金額は据置き)。
応札倍率は、2.78倍/3.34倍/3.80倍


 本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社 
金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

JGBトレーディングフロア(2018年8月14日)


(17:30)
トルコ情勢の不透明感によるリスク回避の動きが一服、債券は売り圧力強まった。7月の日銀会合で長期金利変動幅拡大の容認が示されて以降、市場はまだ金融調節の方向性をつかみきれず、明日のオペについても減額の可能性を指摘する声もある模様。

【メモ】
☆アルゼンチン中央銀行緊急利上げ(7日レポレート45%:過去最高)
☆ビットコインが一時、6000ドル割れ。(年初より6000ドル近傍が、サポートライン)


 本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社 
金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

JGBトレーディングフロア(2018年8月13日)


(17:30)
トルコ情勢の不安定化で世界的にリスク回避の動き強まり、国内株安、債券高がこの日も続いた。トルコリラは、アジア時間早朝に対ドル7.23リラを付けたのち、やや小康を保っている。10年債(#351)利回りは、8/1以来の0.1%割れ(0.095%)となった。

【メモ】
☆マザーズ指数が、前日比4.13%の下落、昨年4月以来の水準に(962.48pt)。


 本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社 
金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会