ウィークリーレポート(2022年6月17日)


6月の第3週の株式市場は、前週末に発表された米国CPIの強い数値からFOMCでの大幅利上げが意識され、日経平均▲6.69%、NYダウ▲4.79%、ユーロストックス50▲4.47%と大幅安になりました。
CPIの結果を受け、市場予想は+50bpから+75bpに引き上げられ、結果、6/15のFOMCでは市場予想通り+75bpの大幅利上げとなりましたが、週前半、利上げ幅拡大を織り込む際の株安によりS&P500指数は高値から20%以上下落しベア相場入りとなりました。

CMEの30日物FF(フェデラル・ファンド)金利先物からは、7月会合+75bpの利上げで一気に長期的な目標金利水準であるロンガーラン金利 2.50%へ引き上げたあと、9月、11月の会合では+25bp利上げとスローダウンすることが予想されており、次回7/13のCPI次第ながらも、ひとまずはFRBの急激な金利引き上げを織り込んだ形に見えます。

CME FedWatch Tool
https://www.cmegroup.com/trading/interest-rates/countdown-to-fomc.html

1945年以降、S&P500がベア相場入りしたのは日の株価を100とした比較チャートを見ると、ベア入り後はやや一押し下げた後緩やかな反発局面に入っていきます。今回の下落局面に当てはめると、中央値は3672pt、標準偏差バンドは3505pt-3943ptとなり、金曜終値の3674ptがちょうどレンジ中央になります。
日経平均も今年3月安値24681円と6月高値28389円の仲値26535円に近く、今後の世界的な株価動向が過去のS&P500のパターンを踏襲するなら、足元の相場下落でインプライドボラティリティが大きく上昇していますので、ストラドル売りに妙味がありそうです。


 本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社
金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。