インバースETFの罠


ETFの種類は日に日に増加し、多種多様なものが見られます。その中にインバースETFと呼ばれるものが存在します。インバースETFとは対象としている指数に対して反対の動きをするETFです。例えば、日経平均株価のインバースETFというと、日経平均株価が前日比で上昇すれば、日経平均株価のインバースETFは逆に同じ割合に近い分、前日比で下落し、日経平均株価が前日比で下落すれば、日経平均株価のインバースETFは近い分だけ上昇します。

インバース指数というものも存在します。日経のサイトから日経平均インバース・インデックスの算出法を見ると以下のようになっています(http://indexes.nikkei.co.jp/nkave/index/profile?idx=nk225in)。

日経平均の1日の変化率(前日終値と当日終値とを比較して算出)の逆の変化率を、前日の指数値に乗じて算出します。例えば、日経平均が前日比で5%上昇した場合、日経平均インバース・インデックスは5%下落します。

つまり前日比では同じ動きをするのですが、長期的には異なる動きを示します。以下では実例を見てみます。

ここでは日経平均インバース・インデックス(NKYINV)、日経平均株価(NKY)、NEXTFUND日経平均インバース・インデックスETF(1571・以下ETFと呼びます)を使います。各指数の今年の1月4日時点の価格を100として、10月26日引けまで計算したものが以下のチャート①となります(ETFは引値でなく評価額を利用しました)。

 

赤線が日経平均株価を指数化したもの、灰色が日経平均インバース・インデックス、青色がETFです。日経平均株価は依然として年初来でマイナスですが、よく見ると、日経平均インバース・インデックスもETFも100を割り込み、前年比でマイナスとなっています(チャートではわかりにくいと思われますので、表1を参照ください)。

20161028chart

20161028matrix

ここで気になるのは日経平均インバース・インデックスとETFの価格の乖離であると思われます。これは、ETFを作成する部分の作業の影響です。ETFは日経平均株価の逆に動くように、先物の売りを保有します。

実際、日経平均株価が下がると利益が出るのですが、保有しているポジションは小さくなり、そうなると、翌日の動きをトラックできなくなります。そのため、ETFを蘇生している業者は先物の売りを足すというオペレーションを行います。逆に日経平均株価が上昇した場合、先物を買い戻すというオペレーションを行います。このように、翌日のETFの動きを指数に連動させるためには上値を買って、下値を売るというような作業を行わなくてはならなくなります。

そのため、そのオペレーションによる損失が日経平均インバース・インデックスとETFの成績の差を生み出しています。

このような作用が、インバース型のETFは長期保有向きでないといわれる所以です。

本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本 資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。

光世証券株式会社 金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください