日米の金利差縮小を要因とした円高ドル安の影響から株安に(2017年2月2日)


株式市場概況

TOPIX指数は前日比-17.36ポイント(-1.14%)となり1510.41ポイントで取引を終えました。

株式への売りが強まったのは、10年国債入札の不調により金利が上昇したことが原因と見られます。10年金利は、入札前は0.095%から0.0875%で取引されていましたが、0.115%程度まで上昇しました。米国の10年金利は昨晩も低下傾向だったのですが、日本時間も低下が見られ、昼過ぎに2.47%から2.45%まで低下しました。日米の金利差の縮小により、円高ドル安から株安となりました。15時半時点でドル円は1ドル=112.60円で取引されています。

セクター別では医薬品と卸売のみが上昇となり、海運、鉱業、倉庫・運輸の下落が大きくなりました。薬品は昨日上方修正を発表した武田薬品(4502、前日比+96円、終値4,864円)にけん引され、卸売は本日14時に決算発表した三菱商事(8058、前日比+54.5円、終値2627.5円)が上方修正を発表したことにより底堅くなりました。

スタイルインデックスでは小型の下げは小さかったものの、昨日強かったミッド400、日経平均、ラージ70の下げが目立ちました。


引け後の決算発表では、新日鉄(5401)が当期利益見通しを600億円から800億円に引き上げ、ローム(6963)は営業利益見通しを235億円から290億円に引き上げました。ソニー(6758)は営業利益見通しを2,700億円から2,400億円に引き下げ、神戸製鋼所(5406)は450億円から50億円に引き下げました。

 

マザーズ市場概況

マザーズ指数は前日比-2.47ポイントの988.25ポイントと下落して一日の取引を終えました。マザーズ市場の上昇銘柄数は78(34.2%)、下落銘柄数は139(61.0%)、変わらずは11(4.8%)、騰落レシオ(25日)は104.45、売買代金は前日比-71億円の1009億円となりました。

下落寄与度上位銘柄はドリコム(3793、前日比-246円、終値1886円)、マイネット(3928、前日比-380円、終値3750円)、ミクシィ(2121、前日比-15円、終値4925円)となり、上昇寄与度上位銘柄はそーせいグループ(4565、前日比160円、終値13300円)、ユナイテッド(2497、前日比121円、終値2018円)、WASHハウス(6537、前日比605円、終値5350円)、売買代金上位はマイネット、アカツキ(3932、前日比110円、終値4020円)、そーせいグループとなりました。

マザーズ先物は前日比-3.5ポイントの986.5ポイントで一日の取引を終えました。出来高は350枚でした。


本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本 資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。

光世証券株式会社 金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください