ウィークリーレポート(2022年5月20日)


5月の第2週の株式市場は、日経平均+1.18%、NYダウは▲2.90%となり1923年5月以来のワースト記録8週続落となりました。ユーロストックス50は▲3.82%の下落となりました。
週前半は、前週末の流れで反発となっていたものの、5/17に物価抑制のために中立金利よりも高い水準への利上げに意欲を示したことから、翌18日にはNYダウは▲1164ドル安と大幅安となりました。改めて、市場はインフレ抑制のために必要な政策金利の水準に懐疑的になっているようです。一方、チャート的にはS&P500は5/2、5/12と同様に長い下髭をつけており、ひとまず週明けには4000ptまでのリバウンドが予想されます。

約100年ぶりとなるNYダウの週足連敗記録ですが、過去のダウ続落局面を見ると、リーマンショックやコロナショックなどの暴落局面ではなく、長期間にわたって株価が低迷するタイミングで出現しています。目先リバウンドがあったとしても、最高値更新は無く、例えば、200日線まで回復後10%下落といったような流れになるかもしれず、単純な米株インデックス投資に逆風となる展開も考えられます。
ダウ1164ドル安と大荒れになった~5/20の週ですが、日本市場のセクター別では倉庫運輸株が10%以上上昇しており、指数が低迷しているなかでも個別では大きな動きが出ています。
NYダウの連敗記録が今後長期的な指数の低迷を示唆するなら、ここ数年来ブームとなっていたパッシブ運用が凋落しアクティブ運用の逆襲となる可能性も考慮したいところです。


※Blommbergより当社作成


 本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社
金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。