JGBトレーディングフロア(2019年9月6日)


債券相場は超長期債を中心に下落。昨日の独米債は米中の閣僚級通商協議の10月の再開合意などでリスク回避の巻き戻しが進み、国内債もこの流れで売りが先行、この日の買いオペは、減額もなく好需給が示す内容となったが、市場の反応は限定的だった。午後入って日本銀行の黒田東彦総裁の金利水準や追加緩和に関する発言が伝わると超長期債を中心に売りが強まり、イールドカーブはスティープ化した。

【メモ】
☆本日の日銀買入オペは、1年以下500憶円、1-3年4000憶円、3-5年3600憶円、5-10年4000憶円(金額据え置き)。応札倍率は、3.50倍、2.21倍、2.72倍、2.70倍。

☆日銀の黒田東彦総裁(日本経済新聞とのインタビュー)
(短期政策金利について)「深掘りは従来から示している4つのオプションに必ず入っている」、(世界経済は」「さらに下方リスクが高まっている」、(期間20年、30年といった超長期債の利回り)「ちょっと下がり過ぎだ」、「超長期債のオペ(公開市場操作)は必要に応じて量やタイミングを調節していくことが当然」他。[Bloombergより]


 本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社
金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です