JGBトレーディングフロア(2019年9月4日)


債券相場は上昇。英国のEU離脱に係る不透明感と、米国経済指標の悪化で再びリスク回避ムードが高まり、欧米債券が上昇、国内債も高く始まった。10年債は過去最低金利の-0.030%手前の-0.295%まで低下した後は高値警戒感から上値が抑えられた。

ここもと、日銀はこの水準で買いオペの減額を行っており、金利低下を抑制する動きとみるなら、買い進むのは難しいとの見方。この日、短期金利の深堀りを主張する日銀片岡審議委員の講演,会見が行われたが、踏み込んだ内容は見られなかった。

【メモ】
日本銀行の片岡審議委員会見要約(函館市)

「日銀の物価安定目標の障害になり得る-円高」「緩やかな円高の状況になっている、特定水準にはコメント控える」「物価目標の早期達成は非常に重要」「政策を緩和的なものにするなら副作用含め注意深く判断」「日銀の金利の変動範囲を過度に厳格にとらえる必要ない」「消費増税の消費への影響楽観視できない」など。


 本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社
金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です