強い展開が継続し、日経平均株価は50日移動平均、100日移動平均を上抜ける(2017年4月26日)


株式市場概況

米国株が企業決算の好調や減税期待から堅調に推移したため、TOPIX指数は前日比+18.2ポイント(+1.2%)の1,537ポイント、日経平均株価は+210.1円(+1.1%)の19,289円と強い展開となりました。寄付きから、昨日抵抗帯となるかと見ていた50,100日移動平均線を上回り、その後もじりじりと強い展開となりました。ドル円もドル高展開が継続し1ドル=111円35銭まで買われました。金利は若干上昇し、国債先物は前日比7銭安の150円98銭で取引を終えました。

セクター別はすべて上昇となり、中でも石油・石炭、輸送用機器、ゴムが強くなりました。反面、上昇率が小幅だったのは小売、情報・通信、電気ガスと内需ディフェンシブでした。スタイルインデックスのパフォーマンスは規模には影響されず、上昇上位はマザーズ、TOPIXバリュー、コア30となりました。


本日、日本で発表された経済指標では、中小企業景況判断(4月)が48.6と前月の50.5から大きく低下しています。

減税政策が今晩発表されると見られます。企業の業績は良く、しかも減税があるとなると、上値追いの展開も期待されますが、現在言われている法人税が15%ほどまで下がらない場合、一旦利食いの動きが見られるかもしれません。

マザーズ市場概況

マザーズ指数は前日比16.73ポイントの1021ポイントと上昇して一日の取引を終えました。マザーズ市場の上昇銘柄数は178(79.5%)、下落銘柄数は40(17.9%)、変わらずは6(2.7%)、売買代金は前日比442億円の1358億円と前日比で増加しました。

上昇寄与度上位銘柄はミクシィ(2121、前日比210、終値5,900)、CYBERDYNE(7779、前日比24、終値1,545)、ユナイテッド(2497、前日比105、終値2,078)、下落寄与度上位銘柄はジーエヌアイグループ(2160、前日比-25、終値480)、エニグモ(3665、前日比-71、終値2,002)、ベイカレント・コンサルティング(6532、前日比-27、終値1,686)となりました。売買代金上位銘柄はそーせいグループ(4565、前日比60、終値11,510)、ジーエヌアイグループ、アカツキ(3932、前日比30、終値5,540)でした。

マザーズ先物は前日比9ポイントの1006ポイントで一日の取引を終えました。出来高は197枚でした。



本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本 資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社 金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です