小動き継続(2016年11月30日)


20161130

株式市場概況

TOPIX指数は前日比+0.86ポイント(+0.06%)の1469.43ポイントで一日の取引を終えました。米国株が小幅上昇したことから、日本株も若干高寄りしましたが、その後は前日の終値を挟んで売買される展開となりました。引けにはMSCIのリバランスがありましたが大きな混乱はなく終了しましたが、引け後先物に買いが入りTOPIX先物は現物比で5ポイントほど高い1,474ポイントで取引を終えました。

セクター別では証券・商品、ガラス・土石、建設の上昇が大きく、一方で鉄鋼、非鉄金属、鉱業など素材関連の下落が大きくなりました。鉄鋼の値下がりは鉄鉱石のスポット価格が昨日、本日ともに下落していることが嫌気されました。

スタイルインデックスはREITの上昇が1.18%と目立ちます。米国債の金利上昇が一旦収まったように見えるのが買い要因です。その他の株価指数は0.51%~‐0.04%と小幅なレンジに収まりました。

20161130-index-1

経済指標では鉱工業生産(10月)は前年比‐1.3%と予想通りの値となり、住宅着工(10月)は前年比13.7%と予想を上回りました。今晩は米国で週末の雇用統計の前哨戦であるADP雇用統計が発表されます。

マザーズ市場概況

マザーズ指数は前日比1.01ポイントの922.48ポイントと小幅に上昇して一日の取引を終えました。マザーズ市場の上昇銘柄数は120(54.1%)、下落銘柄数は92(41.4%)、変わらずは10(4.5%)、騰落レシオ(25日)は89.30、売買代金は前日比178億円の1102億円となり11月9日以来14日ぶりに1,000億円台を回復しました。

上昇寄与度上位銘柄はミクシィ(前日比40円、終値3985円)、エボラブルアジア(前日比248円、終値2000円)、メタップス(前日比193円、終値2729円)となり、下落寄与度上位銘柄はイグニス(前日比-1050円、終値9000円)、グリーンぺプタイド(前日比-58円、終値725円)、モブキャスト(前日比-60円、終値1112円)、売買代金上位はメタップス、そーせいグループ(前日比0円、終値14120円)、イグニスとなりました。

20161130-mov

 

昨日IPOしたJMC(5704)は買い気配スタートとなりました。その後急落する場面があったものの、前日比プラスはキープし、176円高の1,775円で取引を終えました。スタジオアタオ(3550)は小動きな展開に終始し、前日比15円高の3,585円となりました。前日値がつかなかったエルテス(3967)は結局公開価格比3.5倍の6,510円で初値を付けました。その後も買いの勢いは途切れず、結局7,510円と本日はストップ高となりました。

マザーズ先物は前日比-0.5ポイントの919ポイントで一日の取引を終えました。出来高は97枚でした。

20161130-index

本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本 資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。

光世証券株式会社 金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です