ウィークリーレポート(2021年8月27日)


8月の第4週の株式市場は、日経平均は+2.32%、NYダウは+0.96%と反発しました。
日本市場はジャクソンホールの結果を待たずに週明け月曜火曜の二日で+717円の上昇となり前週のトヨタショックは杞憂という結果となりました。
そのジャクソンホールでのパウエル議長の講演ですが、テーパリング自体は市場予想通り今秋から開始が適切だとしながらも、コロナショックへの対応として信用危機への対策として始めた資産購入の停止は、その後に続く利上げと直結するものではなく、テーパリング後の利上げについては慎重な見方を示しました。
このハト派な見解に対して、米国10年債利回りは▲3.3bp低下の1.307%、政策金利の影響を強く受ける2年債利回りも▲2.3bp低下の0.2151%となりました。金利低下(債券高)と同時にNASDAQ総合指数も1.27%上昇し史上最高値を更新しました。ハト派な金融政策の見通しからドルインデックスは▲0.40%の反落となりました。

講演後のマーケットの反応としては「ゴルディロックス相場再び」というものであり、週明けの日経平均連騰に期待が持てそうですが、一方で、自民党総裁選・衆院選と政局問題を抱えていることから、欧米比で独り負けの続いている日本株の状況が一気に解消されるとは思えず、続伸するもレンジの中に留まるものと見ています。


 本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社
金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。