G7やイエレン議長の講演を前に小動きな展開に 2016年5月4週 株式市況


株式市場概況

5月23日~5月27日の動き

日本株は、週末にG7やイエレンFRB議長の講演があることなどから出来高は薄かったが、EUがギリシャに対する再度の支援を決めたことや、原油価格が一時50ドルを上回ったことにより欧米株が上昇したことから、小幅高となった。経済指標では、米国の住宅指標の好調も目立った。日経平均株価は前週末比0.59%の16,834円で一週間の取引を終えた。

27日、G7首脳会議では「世界経済の見通しに対する下方リスクが高まっており、経済成長を強化するため、我々の財政戦略を機動的に実施」との文言を織り込んだ、首脳国宣言を採択した。前日には安倍首相が「世界の経済情勢はリーマンショック前に似ている」と発言したことが話題となった。この発言で、市場では消費増税再延期の可能性が高まったと捉えられている。

0504nky

0504jpy

セクター別では、原油価格の上昇から鉱業、石油石炭の上げが大きくなった。下落上位はその他金融、不動産、電気ガスとなった。スタイルインデックスでは、マザーズが前週、下落率トップだったマザーズ指数が上昇率トップとなった。しかし、臨床試験が不調で急落したアキュセラインク(マザーズグローバル上場銘柄)は木曜日と金曜日にストップ安した。まだ寄り付いておらず、動向が気にかかる。ちなみにこの銘柄はマザーズ指数に含まれていない。

0504sec

今後の注目点

G7も終わり、日本における注目点は国会の会期終了の6月1日までに、安倍首相からどのような対策が発表されるかに移る。G7をみていると、消費増税の再延期と財政支出は行われるような報道内容だ。そうすると、日本経済に対しては強気になれる環境はそろう。

 

しかし、6月は市場を動かす材料となりそうなイベントが多い。まず、OPEC総会が6月2日から行われる。ここ最近、原油価格は回復しているため、政策が変更される可能性は小さいようだ。そのような結果でも、足元の在庫動向などをみていると、供給が減少しているようなので、価格が急落するようなことはないだろうが、注目される材料ではある。次に注目されるのは、6月14、15日に開催されるFOMCだ。前週利上げが話題となったが、FF金利先物から計算される利上げ確率は28%と、依然低くなっている。もし、利上げが行われるのであれば、資産価格の変動率が上昇する可能性が考えられる。最後にして、最も注目されるのは6月23日に実施される英国のEU離脱に関する国民投票だ。世論調査では今のところ、離脱反対派が多数を占めると報じられているが、離脱派が逆転する可能性もあるため、これが来月の最も大きなリスクであるといえる。

 

そのため、日本の経済対策が発表されても、株価が勢いよく上昇していくことも考えにくい。しかし、6月の不安材料がすべて消化されれば、上昇余地は大きいと考えられるため、押し目は買っておきたいところだ。

0504index2

 

本 資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本 資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありませ ん。

光世証券株式会社 金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です