JGBトレーディングフロア(2021年1月21日)


債券相場は上昇。日銀による長期金利の変動幅拡大の観測報道を受けて週初に売られた反動から、現物債に買い戻し圧力が掛かった。超長期ゾーンの金利低下幅が大きくなり、イールドカーブはフラット化した。昼に日銀政策決定会合は現状維持が伝わったが、3月会合での点検と修正を行う手前の会合ということで、市場の関心は夕方の黒田総裁会見に向いており、その影響は限られた。

<黒田総裁会見での主な発言>(引用元:Bloomberg)
「イールドカーブを低位で安定させることは重要」
「イールドカーブコントロールの効果と副作用のバランスを点検し、効果的な政策運営を模索-政策点検」
「デフレのリスクが非常に高いとはみていない」
「対面型サービスについても値段を下げて需要を取り込もうという動きは見られない-緊急事態宣言後」
「大幅な金融緩和の出口を検討するのは時期尚早、今出口に向かっている中央銀行はない」
「輸出、生産は予想より強く回復、ほぼ感染症前に戻る」
「LIBOR公表停止、日本はしっかり対応している」
「株価上昇、企業収益の見通しを反映したもの」ほか。


 本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社
金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です