ウィークリーレポート(2018年12月7日)


12月第1週、NYダウは▲4.50%の下落となり前週の上昇分を打ち消す形となりました。10/29に安値を付けてから、反発と下落を繰り返しながら持ち合いを形成しています。

先週末のG20では米中首脳会談で米中貿易協議の進展が期待されましたが、水曜日にはファーウェイCEOの逮捕など米中間の緊張関係が露見する出来事も起こり、また、金曜日には「90日以上の猶予を中国に与えるかもしれない」とのトランプ大統領の発言にNYダウは一時前日比150ドル高、その後「90日以内に合意できなければさらに関税引き上げるとの」とのナバロ氏の発言で急反落、と実体経済をよそにヘッドラインでのみ過剰にアップダウンを繰り返しています。

今週、米国の5年債利回りが2年債利回りを下回り部分的に逆イールドが発生しました。米国の景気後退のサインとしてよく知られている10年-2年債利回り差が今後逆転する前触れではないかということで、このニュースも株価にネガティブに影響しました。

ところで、過去の逆イールド発生後の株価の推移をまとめたものが下記表になります。
逆イールド発生から一年以内に米国景気先行指数はマイナスに陥っており、景気後退のシグナルであることは間違いないです。ところが、株価については、2000年ITバブル崩壊時を除くと、逆イールド発生から2~3か月後に安値を付けたのち、1年後には高値を更新しているケースの方が多いのです。

FRBが今月も含め順調に利上げを行うなら、2019年中には米国債金利が逆イールドとなる蓋然性が高いわけですが、慌てて持ち株を処分するとその後一年間指をくわえて株価上昇を見送らないといけない、なんてことにもなりかねませんので、どのパターンか見極める冷静な対処が必要になります。年内の話としては、逆イールドになったわけでも景気後退に入ったわけでもありませんので、ボックス継続と思われます。

図.NYダウとFRB政策金利(上段)
米国10年-2年債利回り格差(下段、オレンジ)、米国景気先行指数(下段、紫)

 


 本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社 
金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください