ウィークリーレポート(2019年12月20日)


前週末に発表された米中貿易協議の第一弾合意を好感し、NYダウは+319ドル高と史上最高値を更新しました。一方、日経平均は206円安と戻り売りに押されました。

投資部門別売買動向(~12/13)では海外投資家 は現物株先物合わせて6278億円の買い越し、一方、JGB先物は5487億円の売りと、前週のリスクオフから一転、株買い債券売りとなり、海外投資家も香港人権法案以降のヘッドラインで右往左往させられた形が見て取れます。裁定残高は売り7556億円に対して買い7153億円と売り超過はほぼ解消しています。

先物手口情報では米系証券は月火買いこそ買い越してでしたが水木金は売りに転じており、セクター別騰落率を見ても好調だった鉄鋼セクターが反落するなど、年末を意識してのリターンリバーサルの動きとなっています。

週明けはクリスマスもあり欧米市場は軒並み休場で、年内は利益確定売りなど積極的なリスクテイクにはなりにくいと思われます。

年明け2020年は米国大統領選という事で、1988年から以降のデータでは年末6勝2敗で株高と好調なアノマリーがあります。ただし、年初2か月だけ見ると4勝4敗で五分五分ですので、年初から株高を意識しすぎるのも勇み足かもしれません。

年末株高にベットするなら、いっそのこと、3月限・6月限あたりのプット売り(ターゲットバイイング)が一番効果的かもしれません。


 本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社
金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です