デイリーコメント(2016年9月29日)


20160929

マザーズ市場概況

マザーズ指数は、前日比+1.53ポイントの958.15ポイントで1日の取引を終えました。上昇銘柄数は121(55%)、下落銘柄数は88(40%)、変わらずは11(5%)、マザーズ市場の騰落レシオ(25日)は105.8、売買代金概算は962億円と前日比で33億円の減少となりました。

指数上昇寄与度上位銘柄はエナリス(6079、前日比95円、終値975円)、CYBERDYNE(7779、前日比+16円、終値1,655円)、ミクシィ(2121、前日比+30円、終値3,620円)、下落寄与度上位銘柄はそーせい(4565、前日比-330円、終値17,770円)、オンコセラピー・サイエンス(4564、前日比-16円、終値314円)、サンバイオ(4592、前日比-45円、終値1,535円)、売買代金上位はそーせい、エナリス、オンコセラピー・サイエンスとなりました。

エナリスは特設注意市場銘柄の指定解除後、下落が継続していましたが4日ぶりの反発となりました。その他、バイオ関連銘柄は足元、堅調に推移していたものが多かったため、若干調整の動きが見られました。

マザーズ先物概況

マザーズ指数先物は前日比+5.5ポイントの944.5ポイント、出来高は210枚でした。前日時点の建玉は3,255枚と依然として増加傾向にあります。現物指数は先物上場後何度も上値を抑えられている960ポイントに近づいており、今回は上抜けられるのかに注目が集まります。

株式市場概況

本日のTOPIX指数は前日比+12.48ポイント(+0.94%)の1343.25ポイントと上昇しました。チャート的には、昨年12月以来下回っている200日移動平均に頭を抑えられる形となっており、これを上回れるのかが依然として注目されます。

セクター別では、昨晩行われたOPECの臨時総会で原油の増産が合意されたことから、鉱業が上昇率トップとなりました。振るわなかったのは原油価格が上昇すると、利益が減少する空運です。

OPECの減産決定は予想外だっただけに、原油価格も5%以上の上昇となりました。しかし、どの国がどの程度減産するなどは11月に決められるようで依然として不透明な部分はあります。また過去の減産合意後、原油価格が上昇したという傾向もないため、一先ずショートカバーが終わった後どのような動きが見られるかを注視したいところです。

本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本 資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。

光世証券株式会社 金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください