JGBトレーディングフロア(2017年5月29日)


(17:30)

本日の国債利回り

 


 本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社 
金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

JGBトレーディングフロア(2017年5月26日)


(17:30)
OPEC総会などイベント通過の中、米長期金利が安定して推移したことで、国内債も超長期債中心に押し目買いの動きが見られた。国内政治の不透明感もあり、株安の動きが債券先物の下値を切り上げる展開に繋がったようだ。

本日の国債利回り

 


 本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社 
金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

JGBトレーディングフロア(2017年5月25日)


(17:30)
40年債の入札がやや不調となり、超長期ゾーンの利回りが上昇、イールドカーブはスティープニングした。一方先物市場は、朝方150.50を割れるも、その後は持ち直し前日のレンジに終始。10年債利回りが膠着する中、9月限へのロールの買い需要もあったようだ。

本日の国債利回り


 本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社 
金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

小幅高の週に(2017年5月26日)


今週の株式市場

 今週の日本株は小幅上昇となり、TOPIX指数は前日比+0.62%の1569.42ポイント、日経平均株価は+0.49%の19,686円で一週間の取引を終えました。トランプ大統領が外訪でロシア絡みの操作は進まないとの見方から、米国株が堅調肢推移したことから、日本株も底堅い動きとなりました。
しかし、金曜日にFBIがクシュナー大統領上級顧問を捜査対象としているとの報道があり、本日の日本株は前日の米国株の上昇にもかかわらず若干の下落となっています。
セクター別は値上がりが21、値下がりが12、上昇率が大きいのはその他製品、その他金融、電気ガス、下落率が大きかったのは鉱業、石油石炭、金属製品となりました。その他製品は、新端末Switchのヒットにより任天堂(7974)が前週末比+3,210円の33,510円となったことが、上昇要因となりました。鉱業、石油石炭は、OPECの減産が予想通り(9ヵ月の延長、減産枠維持)だったことから原油価格が急落したことを受け、弱くなりました。
スタイルインデックスでは小型株が堅調でマザーズ指数が+3.5%、東証2部指数が+1.27%と上昇率が大きくなりました。下落はREIT指数のみでした。

 日本の経済指標ではCPI(4月、前年比、除生鮮)は0%、東京都市部CPI(5月、前年比、除生鮮)も0%となりました。両者とも前月の-0.1%からは戻したものの、依然として物価が上昇しない状況に変わりはありません。一方でコンビニ売上高(4月、前年比)は+0.3%、スーパーマーケット売上高(同)は+0.6%、全国百貨店売上高(同)は+0.7%と伸びを見せ、消費の堅調を示唆する内容となりました。
 米国ではマークイット製造業PMI(5月)は52.5(前月52.5)、サービス業PMIが54(前月53.2)と製造業は弱くなったものの、サービス業は堅調な伸びを見せました。新規住宅販売(4月)は56.9万件(前月62.1万→64.2万)、中古住宅販売件数(4月)は557万件(前月571万→570万)とどちらも前月、市場予想を下回りました。

今後の見通し

 24日に予定されていたコミー前FBI長官の公聴会での証言は延期されました。上院情報特別委員会での証言に向けて準備が進んでいますが、ホワイトハウスが阻止に動く可能性があるようです。一方、モラー特別検察官は前長官のメモを精査中とのことです。また、上にも記したようにクシュナー大統領上級顧問への操作も進むかも知れず、米国の政治の混乱は継続するでしょう。
 米国では前週末に株価が急落する場面がありましたが、今週はS&P500指数とナスダック指数が史上最高値を再び更新する展開となりました。年初来でナスダック指数は+15.27%、S&P500指数は+7.87%と堅調な展開になっています。一方ではバリュエーションが高くなりすぎているとの指摘もあります。今後も企業決算の好調を基に上昇を継続できるのか、それとも政治が一段と混乱し調整に入るのか注目されるところです。



本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本 資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社 金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

本日も堅調な展開に(2017年5月25日)



株式市場概況

 日本株は強い展開が継続し、TOPIX指数は前日比+0.21%の1578.42ポイント、日経平均株価は+0.36%の1万9,813円となりました。米国株の堅調や人民元の急上昇、それに伴う中国株の上昇に、中国の経済対策期待などを要因に日本株も強い展開となりました。 
 個別ではソフトバンク(9984)がGPUで有名なNVIDIA株を40億ドル分購入したというニュースが好感され、前日比+322円の8,834円と大きく上昇しました。JR東海(9022)は、前日発表された5月の新幹線利用状況が前年同月比+6%と好調だったことが好感され、+220円の18,540円となりました。
 セクター別では値上がりが16、値下がりが17、上昇率が大きかったのは電気・ガス、倉庫・運輸、情報・通信、下落率が大きかったのは鉱業、鉄鋼、石油・石炭となりました。ディフェンシブの上げが市場の上昇を支えるというあまり見ない展開となりました。スタイルインデックスは+0.37%~‐0.01%と小幅なレンジに留まりました。
 東証1部の騰落レシオは164とかなり高くなっており高値警戒感があるものの、世界的に株が堅調であることから、消去法的にディフェンシブを組み込む動きとなっています。


マザーズ市場概況
 マザーズ指数は前日比2.59ポイントの1090.69ポイントと上昇して一日の取引を終えました。マザーズ市場の上昇銘柄数は102(43.4%)、下落銘柄数は116(49.4%)、変わらずは17(7.2%)、売買代金は前日比-79億円の1020億円と前日比で減少しました。
 上昇銘柄はリミックスポイント(3825、前日比80、終値463)、ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ(6090、前日比348、終値2,113)、ドリコム(3793、前日比124、終値1,969)、下落寄与度上位銘柄はミクシィ(2121、前日比-60、終値6,810)、ディー・ディー・エス(3782、前日比-30、終値880)、ソレイジア・ファーマ(4597、前日比-23、終値595)となりました。売買代金上位銘柄はリミックスポイント、ドリコム、ソレイジア・ファーマでした。

マザーズ先物は前日比10ポイントの1086ポイントで一日の取引を終えました。出来高は178枚でした。



本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本 資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社 金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会