光世証券ホーム > 光世倶楽部 > 現物株式 オンライン取引

光世証券ホーム > 光世倶楽部 > 現物株式 オンライン取引

光世倶楽部 【現物株式 オンライン取引】

取扱商品  取引方法  注文種類  取引時間・注文受付時間 執行条件  注文可能金額・数量  注文上限金額 

現物株式 お取引のルール

取扱商品

東京証券取引所上場の株式・ETF・ETN・REIT

  • オンライン取引では、下記の銘柄を対象外とします。
    1. 証券保管振替機構の非取扱銘柄
    2. TOKYO PRO Market上場銘柄
    3. 東京証券取引所以外の市場が優先市場となる重複上場銘柄
    4. 外国人等(日本国籍以外の国籍をお持ちの方)のお客様は、「放送法」「電波法」「航空法」「NTT法」による外国人保有制限銘柄
    5. その他当社が定める銘柄
  • 新興企業市場(マザーズ・JASDAQグロース)の銘柄の取引を初めて行う場合は、事前に確認書のご提出が必要です。

取引方法

次の2つの取引チャネルをご利用いただけます。

  1. オンライン取引

    パソコン等からインターネット経由で、お取引いただけます。

  2. 対面でのお取引

    当社の営業員に電話等で投資相談をしながら、お取引いただけます。

注文種類

現物取引 (信用取引は対面でのお取引に限ります。オンライン取引は近日開始予定です)

取引時間・注文受付時間

取引時間・注文受付時間は下記の通りです。

注文受付時間取引時間
(ザラバ)
前場 8:10〜11:30 9:00〜11:30
後場 12:05〜15:00 12:30〜15:00

執行条件

下記の執行条件が指定できます。

執行条件内容
成行価格を指定せずに行う注文です。成行注文は指値注文より優先されるため、売買を早く成立させたい場合に利用します。
指値価格を指定して行う注文です。買い注文の場合は指値以下、売り注文の場合は指値以上で約定します。
寄付成行寄付でのみ有効な成行注文です。寄付で約定しなかった場合、「失効」となります。前場に寄付かなかった場合、注文は後場に引継がれます。
寄付指値寄付でのみ有効な指値注文です。寄付で約定しなかった場合、「失効」となります。前場に寄付かなかった場合、注文は後場に引継がれます。
引け成行前場引けまたは大引けでのみ有効な成行注文です。ザラバ引けとなった場合、注文は執行されません。
引け指値前場引けまたは大引けでのみ有効な指値注文です。ザラバ引けとなった場合、注文は執行されません。
出来ず引成指値注文として出され、ザラバで全部または一部が約定しなかった場合は、未約定の株数部分が自動的に引け成行注文に変更されます。引け成行注文は引けでのみ有効で、ザラバ引けとなった場合、注文は執行されません。
出合注文・指値注文の有効期限を週末の営業日までとする指値注文です。

注文の有効期限

当日限りです (執行条件を「出合注文 指値」とする注文を除きます。)。

執行条件を「出合注文 指値」とする注文の場合は、週末の営業日まで有効です。ただし、有効期間中に値幅制限や規制等により注文が失効する場合があります。

注文可能金額・数量

注文は「前受制」です。買付注文は、買付注文概算金額が買付可能額の範囲内であるときに注文を受付けます。売却注文は、保有残高の範囲内で注文を受付けます。

項目計算式
買付可能額「お預り金」
+「受渡前の売却代金(当日の売却約定分を含みます)」
−「受渡前の買付代金(当日の買付約定分を含みます)」
−「未約定の買付注文概算金額」
±「その他の受渡前の入出金額(利金・配当金など)」
買付注文概算金額単価(※)× 数量 + 手数料(税込み)
※:単価は、指値の場合は指値、成行の場合はストップ高とします。

    (注) 買付可能額は、当日の売却約定分にかかる源泉徴収税を減算していませんので、受渡日までに買付代金の不足分を別途ご入金いただく場合があります。

    (注) 日計り取引は可能ですが、差金決済取引(同日に同一資金で同一銘柄を一往復以上連続して売買する取引)となる場合は、受渡日までに買付代金を別途ご入金いただく場合があります。

注文上限金額

一注文あたりの上限金額は、下記の通りです。概算約定金額が一注文あたりの上限金額の範囲内であるときに注文を受付けます。

上場区分注文上限金額
東証一部 5,000万円
東証二部
マザーズ
JASDAQ
東証上場外国株
1,000万円

項目計算式
概算約定金額買付注文単価(※) × 数量
※:単価は、指値の場合は指値、成行の場合はストップ高とします。
売却注文単価(※) × 数量
※:単価は、指値の場合は指値、成行の場合はストップ安とします。

 

【手数料等およびリスクについて】