ウィークリーレポート(2018年1月5日号)


2018年大発会は741円高、続く5日も208円高と、わずか2営業日の週でしたが約950円高となりました。大発会に続き5日も東証一部売買代金が3兆円を超える中、セクター別では、証券・商品先物がTOPとなる一方、小売業やサービス業といった内需系が出遅れる形となりました。
多くの海外企業が決算期末を迎える年末にはドル調達コストは93.5bpまで拡大しましたが、年明け後は20bpまで一気に縮小し、実質的な内外金利差の拡大から113円を回復するまで円安が進行する形となりました。
来週月曜日は成人の日で祝日となり、4営業日となります。11日(木)は有価証券オプションの最終取引日、12日(金)は日経平均オプションSQ日となります。来週も引き続き堅調な相場となりそうですが、ひとまずは24,200円あたりで上値が重たくなるのではないかと思われます。

気になるニュース:
北米に寒波と嵐、猛発達の低気圧で大荒れに-フロリダでも雪
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-01-03/P1ZKLQ6KLVSB01

米国は現在、猛烈な寒波に襲われているようです。寒波の影響が長引けば、来月発表される1月分の経済指標に悪影響がでそうです。もちろん、こういった影響は一時的なもので堅調な米国経済の成長トレンドに水を差すものではないのですが、1月分雇用統計が予想外に悪い数値となっても、うろたえないよう備忘録として書いておきます。

 


 本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社 
金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です