小動きな一日(2017年5月23日)


株式市場概況
 日本の株式市場の寄付き前に英国のコンサート会場で爆発があり、19人死亡・50人負傷という痛ましい事件がありました。テロの可能性もあるようで、投資家はリスクを減らすよう動いたため、前日の米国株は上昇したものの日本株は下落し、TOPIX指数は前日比‐0.16%の1,565ポイント、日経平均株価は‐0.33%の19,613円で取引を終えました。一方で地政学的リスクの影響を大きく受けない小型株は小幅に上昇しています。
 ドル円もリスクオフの動きから110円台に乗せる場面が多くなり、輸出関連株の売りを誘いました。
 セクター別では値上がりが12、値下がりが21、上昇率が大きかったのは水産・農林、その他金融、その他製品となり、下落が大きかったのは石油・石炭、空運、保険でした。スタイルインデックスではマザーズ指数、TOPIXスモール、REIT指数の上昇する一方で、TOPIXラージ70、TOPIXバリュー、日経平均株価の下落が大きくなりました。

 経済指標では日経製造業PMI(5月)が52(前月52.7)、全産業活動指数(5月、前月比)は‐0.6%(前月+0.7%)、とこの二つは弱くなりました。一方でスーパーマーケット売上高(4月・前年比)は+0.6%(前月‐1.8%)、全国百貨店売上高(同)は+0.7%(前月‐0.9%)と改善を見せました。

マザーズ市場概況
 マザーズ指数は前日比4.17ポイントの1077.88ポイントと上昇して一日の取引を終えました。マザーズ市場の上昇銘柄数は115(48.9%)、下落銘柄数は111(47.2%)、変わらずは9(3.8%)、売買代金は前日比97億円の995億円と前日比で増加しました。
上昇寄与度上位銘柄はリミックスポイント(3825、前日比80、終値395)、ベイカレント・コンサルティング(6532、前日比129、終値1,762)、ミクシィ(2121、前日比30、終値6,880)、下落寄与度上位銘柄はドリコム(3793、前日比-94、終値1,777)、そーせいグループ(4565、前日比-60、終値10,940)、Gunosy(6047、前日比-44、終値2,090)となりました。売買代金上位銘柄はリミックスポイント、中村超硬(6166、前日比245、終値2,173)、ソレイジア・ファーマ(4597、前日比13、終値620)でした。

マザーズ先物は前日比3ポイントの1066ポイントで一日の取引を終えました。出来高は122枚でした。



本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本 資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社 金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

上昇も閑散商況(2017年5月22日)



株式市場概況

 週末に北朝鮮のミサイル実験が再び行われたものの、前週末の米国株と商品価格の上昇を好感し、本日の日本株は上昇しTOPIX指数は前日比+0.51%の1567.65ポイント、日経平均株価は+0.45%の19,678円で取引を終えました。売買代金は2兆円に届かず、市場は閑散としていました。
 セクター別では値上がりが30、値下がりが2、変わらずが1でした。上昇率が大きかったのは鉄鋼、その他金融、不動産、下落したのは海運、医薬品となりました。スタイルインデックスではマザーズ、東証2部、TOPIXラージ70と小型株の上昇が目立ちました。

 本日は4月の日本の貿易収支が発表され、輸出(前年比)は+7.5%(前月+12%)、輸入(同)は+15.1%(前月+15.8%)、貿易収支(季節調整後)は976億円(前月1,722億円→1,064億円)でした。対中輸出が伸びる一方で、原油価格の上昇が輸入を押し上げ、貿易黒字は縮小する結果となりました。対中輸出は電子部品が堅調でした。

マザーズ市場概況

 マザーズ指数は前日比16.26ポイントの1073.71ポイントと上昇して一日の取引を終えました。マザーズ市場の上昇銘柄数は177(75.3%)、下落銘柄数は49(20.9%)、変わらずは9(3.8%)、売買代金は前日比-229億円の898億円と前日比で減少しました。
上昇寄与度上位銘柄はミクシィ(2121、前日比180、終値6,850)、ドリコム(3793、前日比183、終値1,871)、Gunosy(6047、前日比87、終値2,134)、下落寄与度上位銘柄はそーせいグループ(4565、前日比-130、終値11,000)、ジーエヌアイグループ(2160、前日比-9、終値430)、ソレイジア・ファーマ(4597、前日比-20、終値607)となりました。売買代金上位銘柄はドリコム、サイバーステップ(3810、前日比420、終値2,720)、ソレイジア・ファーマでした。

マザーズ先物は前日比12ポイントの1063ポイントで一日の取引を終えました。出来高は105枚でした。



本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本 資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社 金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

トランプ政権の混乱に株価下げる(2017年5月18日)


株式市場概況

米国株が政治停滞リスクから下落したことを受け、日本株も弱い展開となりTOPIX指数は前日比-1.32%の1555.01ポイント、日経平均株価は前日比-1.32%の19553.86円となりました。米国の10年金利が前日比10ベーシスポイント低下したことから、金融関係が弱く、また金利の低下の影響からドルが下落したことから輸出関連銘柄も売られました。

セクター別では値上がりが4、値下がりが29となり、上昇は海運、食料品、陸運、電気ガスと主にディフェンシブが、下落が大きかったのは保険、銀行、証券・保険と金融が並びました。スタイルインデックスではREIT指数以外が下落しました。下落が大きかったのはTOPIXバリュー、コア30と、昨日に引き続き大型のバリュー株でした。

経済指標では日本のGDP(1Q・年率前期比)+2.2%(前回1.2%→1.4%)と予想、前期を上回る値となりました。設備投資が+0.2%と予想を上回ったことが好影響となったようです。

 

トランプ大統領の大統領選におけるロシアの疑惑の調査を監督する特別監査官に、ロバート・ミュラー元FBI長官が任命されることを米司法省が発表しました。また、24日には先に解任されたコミー前FBI長官の公聴会があります。

マザーズ市場概況

マザーズ指数は前日比-9.70ポイントの1057.18ポイントと下落して一日の取引を終えました。マザーズ市場の上昇銘柄数は54(23.0%)、下落銘柄数は173(73.6%)、変わらずは8(3.4%)、売買代金は前日比-158億円の858億円と前日比で減少しました。

上昇寄与度上位銘柄はサイバーステップ(3810、前日比212、終値2,387)、アカツキ(3932、前日比200、終値6,270)、プレシジョン・システム・サイエンス(7707、前日比31、終値491)、下落寄与度上位銘柄はそーせいグループ(4565、前日比-240、終値11,040)、ジーエヌアイグループ(2160、前日比-12、終値457)、ACCESS(4813、前日比-40、終値827)となりました。売買代金上位銘柄はソレイジア・ファーマ(4597、前日比8、終値623)、ミクシィ(2121、前日比10、終値6,770)、アカツキ(3932、前日比200、終値6,270)でした。

マザーズ先物は前日比-10ポイントの1044ポイントで一日の取引を終えました。出来高は277枚でした。



本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本 資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社 金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

トランプ大統領への不安から小幅に調整する動きに(2017年5月17日)



株式市場概況

 米国の取引引け後に、トランプ大統領が近ごろ解任したコミーFRB朝刊に対し、フリン大統領補佐官への捜査の中止を求めていたとの関係者が明らかにしたとの報道から、ドル円が円高に推移したことから、日本株は弱い展開となりました。TOPIX指数は前日比-0.53%の1575.82ポイント、日経平均株価は-0.53%の19,814円となりました。4月14日以来、久々に大きめの調整となりました。ドル円は昨日日本株の引け時間帯の113円40銭レベルから112円30銭レベルまで約1円の円高ドル安となりました。
 個別株では決算の良かった住友化学(4005)が20円高の624円となりました。また、秋篠宮ご夫妻の長女眞子さまが大学時代の同級生とご婚約されることが分かり、ブライダル関連銘柄が上昇し、ワタベウェディング(4696)が27円高の567円、クラウディア(3607)が10円高の567円となりました。
 セクター動向は値上がりが4、値下がりが29となりました。上昇が大きかったのは食料品、電気ガス、その他製品、下落が大きかったのは石油石炭、海運、保険となりました。スタイルインデックスではREIT、東証2部が上昇した一方で、TOPIXバリュー、TOPIXラージ70、コア30など割安な大型株の下落が目立ちました。

 日本の経済指標では機械受注(3月・前年比)が-0.7%(前月5.6%)と減速気味の値でした。設備稼働率(3月・前月比)も弱く-1.6%となりました。

マザーズ市場概況

 マザーズ指数は前日比-3.73ポイントの1066.88ポイントと下落して一日の取引を終えました。マザーズ市場の上昇銘柄数は98(41.7%)、下落銘柄数は132(56.2%)、変わらずは5(2.1%)、売買代金は前日比-155億円の1016億円と前日比で減少しました。
上昇寄与度上位銘柄はITbook(3742、前日比59、終値651)、ドリコム(3793、前日比75、終値1,795)、フリークアウト・ホールディン(6094、前日比135、終値3,345)、下落寄与度上位銘柄はそーせいグループ(4565、前日比-230、終値11,280)、CYBERDYNE(7779、前日比-35、終値1,521)、ジーエヌアイグループ(2160、前日比-11、終値469)となりました。売買代金上位銘柄はソレイジア・ファーマ(4597、前日比-10、終値615)、ミクシィ(2121、前日比-10、終値6,760)、ドリコム(3793、前日比75、終値1,795)でした。

マザーズ先物は前日比-5ポイントの1054ポイントで一日の取引を終えました。出来高は133枚でした。



本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本 資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社 金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

2万円を目前に足踏み(2017年5月16日)


株式市場概況

米国株の上昇を好感し、日本株は高く取引が始まりましたが、日経平均株価は2万円を前に利食いの売りが優勢となり伸び悩み、TOPIX指数は前日比+0.27%の1584ポイント、日経平均株価は+0.25%の19,919円で取引を終えました。日経平均株価の高値は19998.49円と、2万円にあと1.51円のところまで迫りましたが、あと一歩及ばずというところでした。

個別株では日本郵政による買収報道により、前日ストップ高していた野村不動産は本日は下落し、前日比-92円の2436円となりました。昨日決算発表と同時に自社株買いを発表した三菱UFJFG(8306)は、寄付きこそ731.1円と前日比+9.6円でしたが、その後は売られ結局前日比-1.8円の719.7円で取引を終えました。

セクター別では値上がり22、値下がり11となりました。上昇が大きかったのはパルプ紙、石油石炭、食料品、下落が大きかったのは鉱業、不動産、保険でした。スタイルインデックスではマザーズ、コア30、TOPIXグロースと、前日に引き続き成長関連が物色されたことが分かります。唯一の下落はREIT指数でした。

経済指標では日本の第三次産業活動指数(3月、前月比)があり-0.2%と(前回0.2%→0%)と減速気味の結果となりました。

マザーズ市場概況

マザーズ指数は前日比6.71ポイントの1070.61ポイントと上昇して一日の取引を終えました。マザーズ市場の上昇銘柄数は113(48.1%)、下落銘柄数は115(48.9%)、変わらずは7(3.0%)、売買代金は前日比69億円の1171億円と前日比で増加しました。

上昇寄与度上位銘柄はそーせいグループ(4565、前日比350、終値11,510)、ミクシィ(2121、前日比70、終値6,770)、CYBERDYNE(7779、前日比22、終値1,556)、下落寄与度上位銘柄はジーエヌアイグループ(2160、前日比-37、終値480)、Gunosy(6047、前日比-40、終値2,132)、FFRI(3692、前日比-150、終値5,080)となりました。売買代金上位銘柄はソレイジア・ファーマ(4597、前日比77、終値625)、ミクシィ、ビーグリー(3981、前日比158、終値2,170)でした。

マザーズ先物は前日比8ポイントの1059ポイントで一日の取引を終えました。出来高は53枚でした。



本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本 資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社 金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会