輸出比率の高い関西企業10選!


技術の進化が早くなり、新たな商品がどんどん出る局面となってきています。今後もイノベーションが発生する速度は速くなると見られます。そのような環境を鑑み、足元業績が伸びているかつ、輸出比率の高い関西の中小企業を10社、ピックアップしてみました。

6246 テクノスマート

本社住所: 大阪市中央区久太郎町2丁目5-28久太郎町恒和ビル2階
上場市場: 東証二部
事業内容: リチウムイオン電池電極製造装置、液晶ディスプレイ用変更膜製造装置、各種フィルム製造装置
海外売上高比率: 72.2%

業績 (8月4日発表 1Q決算)

業績予想

売上の大幅な伸びが見られます。受注高はそれほど伸びていないが、受注残高が前年の55億円から85億円へと増加しているため、業績の一段の伸びが期待されます。一方で、株価は4月から3倍程度の上昇を見せており、よほど大きな上方修正がない限り、100日移動平均線辺りまでの調整がありそうです。

6640 第一精工

本社住所:京都市伏見区桃山町根来12番地4
上場市場:東証1部
事業内容:コネクタ事業、自動車部品事業(電装部品、センサなどの販売)、精密部品事業(HDD機構部品、電子機構部品の製造販売)、金型・生産設備事業(半導体・液晶関連製造装置の製造・販売)
海外売上高比率:64.3%

業績(8月9日発表 上方修正あり)

業績予想

決算短信によるとアンテナ用超小型RF同軸コネクタがPC,スマホ向けに回復したことに加え、IOTデバイス向けを中心に伸長しました。自動車部品は自動車の販売は低迷しているが、同社のセンサへの需要は電気自動車化に向けて堅調に伸びています。半導体ももちろん堅調です。2300-2500円で買ってみたいところです。

6210 東洋機械金属

本社住所: 兵庫県明石市二見町福里523-1
上場市場: 東証1部
事業内容: プラスチック射出成型機、ダイカストマシン及び周辺自動機
海外売上高比率: 65.5%

業績

業績予想

第1四半期の受注高は80.6億円と前期比26.3%増と、当初の売上予想を上回る勢い。PERも10倍程度と安く、現在のレベルでも買いたいところです。

6859 エスペック

本社住所: 大阪市北区天神橋3-5-6
上場市場: 東証1部
事業内容: 環境試験機
海外売上高比率: 42.2%
環境試験機とは、温度や湿度、圧力など様々な環境因子を人工的に再現する装置で、あらゆる工業製品の開発において、活躍する商品です。先端技術に欠かせないもので、イノベーションのスピードが加速している現代に欠かせないといえます。

業績

業績予想

6277 ホソカワミクロン

本社住所: 大阪府枚方市招提田近1丁目9番地
上場市場: 東証1部
業務内容: 粉体関連装置で業界トップ
海外売上高比率: 73.9%
粉体技術: 大体のものは粉体技術の塊と言って過言ではなく、ハイブリット車、スマホにも必要不可欠な技術。

業績

業績予想

3Qの受注高は421億円(前期比+17.8%)、受注残高は266億円(前期比+39.2%)と好調が継続しています。大気汚染防止装置、製品捕集用集塵装置などが好調です。9月決算のため、本決算の発表11月10日が終わってから購入を考えたいところです。

4971 メック

本社住所: 兵庫県尼崎市杭瀬南新町3丁目4番1号
上場市場: 東証1部
業務内容: 電子基板・部品製造用薬品の開発、製造販売及び、機械装置、各種資材の販売
海外売上高比率: 54.6%

業績

業績予想

本社を新たに作るなど、コスト増から保守的な見通しも、電子基板を使う製品の増加と共に、同社の業績は上向きに推移しています。1Qから上方修正も発表しており、今後も上方修正が見込まれます。自動車の電装化は電子基板の高密度化につながるため、同社の薬品への需要は一段と伸びることでしょう。

6637 寺崎電機産業

本社住所: 大阪市平野区加美6丁目13-47
上場市場: ジャスダック
事業内容: 船舶用システム、産業用システム、ブレーカ製品
海外売上高比率: 46.3%

業績

業績予想

船舶用システム製品が国内、海外向けのコンテナ船、バラ積み、LNGなど全般に売り上げが堅調となり、利益が大きく伸びています。受注残は前年比で3億円増加の182億円となっています。

6315 TOWA

本社住所: 京都府京都市南区上鳥羽上調子町5番地
上場市場: 東証1部
事業内容: 半導体後工程製造装置
海外売上高比率: 86.1%

業績

業績予想

6333 帝国電機製作所

本社住所: 兵庫県たつの市新宮町平野60
上場市場: 東証1部
事業内容: ポンプ、電子部品、特殊機器
海外売上高比率: 60.1%

業績

業績予想

国内ではポンプが好調な一方で電子部品は低調、海外は米国が不調も中国が堅調で、業績の伸びにつながりました。受注残高は76億円と前年を8%上回ります。
チャート的には煮詰まってきており、上方修正などがあれば上抜けるも期待できます。

7122 近畿車輛

本社住所: 東大阪市稲田上町2-2-46
上場市場: 東証1部
事業内容: 電車車両の専業。国内はJR。
海外売上高比率: 62.3%
海外事業も国内事業も受注損失大きかったが、今期は回復気味です。受注自体は多いようなので、採算がとれる受注で回復が期待できます。

業績

業績予想

受注残


本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本 資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。光世証券株式会社 金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

あらた(証券コード:2733 東証一部) 光世証券 リサーチ・レポート 


ここ最近訪日外国人の増加とともに、ドラッグストアの売上や株価が上昇していることはご存知だと思われます。

あらたはそのドラッグストアを主体とする企業に、商品を卸す会社です。また商品の営業・管理から店舗での広告戦略、棚の並べ方などまで様々な付加価値を提供しています。

業績

2015年度こそ消費増税の影響で落ち込んだものの、その後は業績は順調に伸びており、純利益を見ると2015年度11億円、2016年度32億円、2017年度48億円となりました。

2017年3月期第1四半期の業績

8月2日に第1四半期の決算発表が行われました。前年比で伸び率は低下しましたが、営業利益で20%以上の堅調な伸びとなっています。業績見通しに対する進捗率も高く、第2四半期の決算発表前には上方修正期待が高まるため、株価の上昇が期待できます。

カテゴリ別売上高

同社の売上で最も大きいのはHealth & Beuatyです。具体的にあげると化粧品、石鹸・入浴剤などの美容品となります。その他に注目したいのはペット用品です。同社にはペット用品の卸売会社も連結子会社にあります(ジャベル株式会社)。

株価動向とトレードアイデア

第1四半期の決算発表を受け5,000円を超える場面もありましたが、今年に入ってほぼ倍に株価がなっていることから利食い売りも見られ、その後は上値の重い展開となっています。

第2四半期の決算発表は11月上旬に行われる予定であり、そのひと月前である10月上旬頃に同社株を仕込めば、上方修正狙いの買いが入るところで利食いが行えるかもしれません。決算発表後のボトムである4,500円辺りで指値を持っておき、それが約定しない場合は指値を上げたいところです。

もう少し時間軸を伸ばされたい場合は100日移動平均線辺りで買い指値など良いでしょう。


本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本 資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社 金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

あらた(証券コード 2733 東証1部)


 ここ最近訪日外国人の増加とともに、ドラッグストアの売上や株価が上昇していることはご存知だと思われます。

 あらたはそのドラッグストアを主体とする企業に、商品を卸す会社です。また商品の営業・管理から店舗での広告戦略、棚の並べ方などまで様々な付加価値を提供しています。

業績

 2015年度こそ消費増税の影響で落ち込んだものの、その後は業績は順調に伸びており、純利益を見ると2015年度11億円、2016年度32億円、2017年度48億円となりました。

2017年3月期第1四半期の業績

 8月2日に第1四半期の決算発表が行われました。前年比で伸び率は低下しましたが、営業利益で20%以上の堅調な伸びとなっています。業績見通しに対する進捗率も高く、第2四半期の決算発表前には上方修正期待が高まるため、株価の上昇が期待できます。

カテゴリ別売上高

 同社の売上で最も大きいのはHealth & Beuatyです。具体的にあげると化粧品、石鹸・入浴剤などの美容品となります。その他に注目したいのはペット用品です。同社にはペット用品の卸売会社も連結子会社にあります(ジャベル株式会社)。

株価動向とトレードアイデア

 第1四半期の決算発表を受け5,000円を超える場面もありましたが、今年に入ってほぼ倍に株価がなっていることから利食い売りも見られ、その後は上値の重い展開となっています。

 第2四半期の決算発表は11月上旬に行われる予定であり、そのひと月前である10月上旬頃に同社株を仕込めば、上方修正狙いの買いが入るところで利食いが行えるかもしれません。決算発表後のボトムである4,500円辺りで指値を持っておき、それが約定しない場合は指値を上げたいところです。

 もう少し時間軸を伸ばされたい場合は100日移動平均線辺りで買い指値など良いでしょう。


本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本 資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。

光世証券株式会社 金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

チャーム・ケア・コーポレーション(6062・6月決算)


1.概要

同社は有料老人ホーム及びサービス付き高齢者向け住宅の運営を営む、大阪本社の会社です。代表取締役社長の下村隆彦氏は下村建設を営んでいましたが、還暦をきっかけに世の中の役に立つ起業をということで同社を作られました。
同社が運営中のホーム数は39ホーム、近畿圏が30、首都圏が9、うち、介護付き有料老人ホームが36、住宅型有料老人ホームが1、サービス付き高齢者住宅が2となっています。既存ホームの入居率は97%と業界最高水準となっています。

2.業績の推移

業績推移で目につくのは2015年の利益の落ち込みです。これは、それまで関西圏メインでホームを展開していた同社が首都圏への展開を行い投資が多くなったことから、利益が一時的に減少したことが要因でした。しかし、その後は順調に利益が伸び、前年度(2017年6月期)は過去最高の利益水準となりました。
首都圏進出において、同社は高価格帯ホームへの展開も行っており、それが功を奏したようです。高価格帯のホームは通常のホームと比較して、同じ土地の広さでも少ない入居者数で同じような利益を上げられるということです。これは、スタッフ数も少なくともホームが運営できるということで、労働力の獲得に苦労している同業界において利益を伸ばせている一つの要因です。

3.今後の展開

2018年6月期には首都圏3、近畿圏5の合計8ホームを開設します。高価格帯ブランド「チャームプレミア」は2ホーム開設されます。
中期計画では2020年6月期までに64ホームまで増やす予定とされていますが、すでに60ホーム分までは土地などの確保が出来ているようです。

4.株価の推移とバリュエーション

株価と出来高(週足)

株価とバリュエーション (2017年9月19日引け現在)

業績詳細

同業種との株価動向比較


本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本 資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社 金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会

串カツ田中 平成29年11月期第2四半期決算 概況


 串カツ田中の第2四半期の決算内容は売上、利益共に伸び率が高くなりました。当期純利益の進捗率は50%強となっています。

 損益計算書を見ると売上原価は下がっているものの、販管費が上昇しており、人件費の伸びが収益を圧迫していることが分かります。また、昨年7月末の74店舗から今年6月末には90店舗にFC店舗が増加している割に、協賛金収入の伸びが11%と伸びが小さいことなどが分かります。

串カツ田中 6月月次 http://kosei.co.jp/wordpress/?p=4185
串カツ田中 5月月次 http://kosei.co.jp/wordpress/?p=3794
串カツ田中 分析レポート http://kosei.co.jp/wordpress/?p=3450



本資料は、情報提供のみを目的として作成したもので、いかなる有価証券等の売買の勧誘を目的としたものではありません。また、一般的あるいは特定の投資助言 を行うものでもありません。本資料は、信頼できると判断した情報源から入手した情報・データ等をもとに作成しておりますが、これらの情報・データ等また本 資料の内容の正確性、適時性、完全性等を保証するものではありません。情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に掲載されたデー タ・統計等のうち作成者・出所が明記されていないものは、当社により作成されたものです。本資料に掲載された見解や予測は、本資料作成時のものであり予告 なしに変更されます。運用方針・資産配分等は、参考情報であり予告なしに変更されます。過去の実績は将来の成果を予測あるいは保証するものではありません。
光世証券株式会社 金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第14号 加入協会/日本証券業協会