光世証券ホーム > 光世倶楽部 > 先物・オプション オンライン取引

光世倶楽部 【先物・オプション オンライン取引】

ターゲットバイイング戦略
プット売りの損益図

ターゲットバイイングとは、将来株価が下がれば購入したいと考えている株式がある場合に取る戦略です。

購入希望価格を権利行使価格とするプットオプションを売却することにより、株価が権利行使価格を下回って権利行使日を迎えた場合は、買い方から権利行使を受けることになり、購入希望価格(権利行使価格)でその株式を手に入れることができます。一方、権利行使価格を上回って権利行使日を迎えた場合は、たとえ下回っていた時期があったとしても、買い方から権利行使が行われないため、株式を手に入れることはできません。但し、どちらの場合でも最初に受け取ったオプション料が手元に残ります。

[具体例]

Y社株式(売買単位100株)の現在の株価が1,600円であるとき、1,500円を権利行使価格(購入希望価格)とするプットオプションを30円で10単位売却します。

<ケース 
 株価が権利行使価格を下回り、1,450円で権利行使日を迎えます。

ターゲットバイイング [ケース]

【結 果】

買い方から権利行使を受けます。

購入希望価格より最初に受け取ったオプション料の分だけ安く、Y社株式が1,000株手に入ります。


[購入代金] 株価1,500円 × 10単位 × 100株 = 150万円

[受取オプション料] オプション料30円 × 10単位 × 100株 = 3万円

[購入にかかった費用] 150万円 − 3万円 = 147万円

<ケース◆
 株価が権利行使価格を下回ることなく、1,550円で権利行使日を迎えます。

ターゲットバイイング [ケース]

【結 果】

買い方が権利を放棄するため、Y社株式は手に入りません。

最初に受け取ったオプション料が手元に残ります。


[受取オプション料] オプション料30円 × 10単位 × 100株 = 3万円

<ケース>
 株価が権利行使価格を一旦下回るが、その後上昇し1,550円で権利行使日を迎えます。

ターゲットバイイング [ケース]

【結 果】

 買い方が権利を放棄するため、Y社株式は手に入りません。

 最初に受け取ったオプション料が手元に残ります。

※この場合、株価が権利行使価格を一旦下回っていても、権利行使日にしか権利行使が行われないことに注意する必要があります。


[受取オプション料] オプション料30円 × 10単位 × 100株 = 3万円