光世証券ホーム > 光世倶楽部 > 先物・オプション オンライン取引

光世倶楽部 【先物・オプション オンライン取引】

カバードコール戦略

カバードコールとは、現物株式をすでに保有している場合で、先行きの株価があまり変動しないと予想するときに、運用利回りの向上を目的とする戦略です。

「現物株式の買い」と「売却してもよい価格を権利行使価格とするコールオプションの売り」を合成してポジションを作り、株価が一定以上上昇した場合の利益を放棄する代わりに、オプション料を得ることで利回りの向上を目指します。

現物株式の損益図コール売りの損益図合成後の損益図

[具体例]

X社株式(売買単位100株)を1,000株保有しています。現在の株価が1,100円であるとき、1,200円を権利行使価格とするコールオプションを50円で10単位売却します。


<ケース 
 株価が権利行使価格を下回ったまま、1,050円で権利行使日を迎えます。

カバードコール [ケース]

【結 果】

買い方が権利を放棄するため、X社株式を売却することなく、最初に受け取ったオプション料が手元に残ります。


[受取オプション料] オプション料50円 × 10単位 × 100株 = 5万円


<ケース◆
 株価が権利行使価格を一旦上回るが、その後下落し1,100円で権利行使日を迎えます。

カバードコール [ケース]

【結 果】

買い方が権利を放棄するため、X社株式を売却することなく、最初に受け取ったオプション料が手元に残ります。

この場合、株価が権利行使価格を一旦上回っていても、買い方は権利行使日にしか権利行使できませんので、X社株式を売却する必要はありません。


[受取オプション料] オプション料50円 × 10単位 × 100株 = 5万円


<ケース>
 株価が権利行使価格を上回り、1,300円で権利行使日を迎えます。

カバードコール [ケース]

【結 果】

買い方からの権利行使を受けて、売ってもよいと考えていた価格でX社株式を売却し、最初に受け取ったオプション料も手元に残ります。


[売却代金] 株価1,200円 × 10単位 × 100株 = 120万円

[受取オプション料] オプション料50円 × 10単位 × 100株 = 5万円