光世証券ホーム > 会社情報 TOP >  光世証券の歴史 > 社名の由来

光世証券の歴史

社名の由来

社名は、創業者・巽悟朗が、新約聖書「マタイによる福音書」に記されている「地の塩 世の光」を出典として、命名したものです。

[新約聖書 マタイによる福音書 5章13〜16節]

あなたがたは地の塩である。だが、塩に塩気がなくなれば、その塩は何によって塩味が付けられよう。もはや、何の役にも立たず、外に投げ捨てられ、人々に踏みつけられるだけである。

あなたがたはである。山の上にある町は、隠れることができない。また、ともし火をともして升の下に置く者はいない。燭台の上に置く。そうすれば、家の中のものすべてを照らすのである。そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。

人々が、あなたがたの立派な行いを見て、あなたがたの天の父をあがめるようになるためである。